• Topics
  • Company
  • Work
  • Member
  • Recruit
Member
Works

相手はグループ企業なので、実際の業務は「なんでも屋さん」に近いです。具体的には「営業・マーケティング・SCM・開発」など多岐にわたる業務を本社の部署と繋ぐ役割ですので、想像以上に要求される知識の幅は広いと思います。ただ、敷居が高いわけではなく、それぞれの専門家のサポートの元に仕事ができ、自分の知識・経験がどんどん広がるチャレンジングな業務です。

Career
Career
Interview

入社の決め手について
教えてください。

入社の決め手について教えてください。

就職エージェントからの紹介がきっかけで選考を受けたので、はじめは会社のことを全く知りませんでした。

もちろん、海外との接点が多いことが最大の決め手でしたが、選考過程で面接する社員や人事の方から会社の優しい雰囲気が伝わってきたのも要因です。商品のポリシーである「自然・家族・愛」が社員レベルまで浸透しているのは最大の魅力です。

入社前と入社後で感じた
ギャップについて教えてください。

入社前と入社後で感じたギャップについて教えてください。

感じたギャップは、「シルバニア」だけじゃないということです。

もちろん当社の看板は「シルバニアファミリー」ですが、他にも「アクアビーズ・ゲーム・パズル」など多くの定番商品を持っています。ゲームやジグソーパズルも国内トップクラスのシェアがあり、アクアビーズは日本やヨーロッパでもカテゴリーで売上げ1位を取っています。市場において認知度の高い商品はシルバニアに限りません。

海外営業のやりがいについて教えてください。

コロナ感染拡大後の異動だったため、私自身は出張をしたことがないので、海外営業の実感を得ることは難しいですが、売場やイベントの写真をもらうと、やはり、ある種の達成感はあります。また、月例の社長ミーティングで、議事の進行をしたり、質問に的確に答えられた時はやりがいを感じます。2年目の社員からでも社長に直接販社の状況を報告する機会があり、知識や経験が早く身につく実感があります。かなりスリリングですが、頼もしい先輩・上司の方がサポートしてくれますので、安心してください。

海外営業で苦労したエピソードを聞かせてください。

特に具体的な苦労エピソードは無く、楽しく仕事ができています。ただ、日常的に苦労していることと言えば、販社とのコミュニケーションです。言語面もそうですが、なにより商習慣の違いや、文化・経歴にいたるまで多様な人が働いていますので、そこを受容した上での、本社としての意向を伝えることは極めて困難です。とはいえ、メーカーにとって商品は「共通言語」です。国内営業部では外部問屋や販売店担当として、商品を知り、消費者や販売員の方と接することができました。そういった現場の意見や雰囲気を知っている経験は、出張ができない今だからこそ活きています。

仕事の中で大事にしている「ヒト・モノ・コト」は何ですか。
その理由も教えてください。

いままで出会った「人」全員です。人は人からしか学ぶことはできないと思っています。そして、いい仕事は充実したコミュニケーションから生まれると思います。何度か大学時代の友人と仕事をすることがあり、思わぬところから仕事は生まれることもあるので、常に人との繋がりは重視したいです。

今後のキャリアプランを聞かせてください。

現在の第一目標は「駐在」です。もともとはロシア駐在を希望していましたが、実務を通して選択肢が広がり、他国への駐在にも意欲が出てきました。もちろん駐在には高いスキルや意欲が求められるので、自身でも「会計・貿易実務・マーケティング」など、どの会社でも必要不可欠な知識の習得を進めています。駐在から帰任された先輩社員は皆さんそれぞれの部署で責任あるポジションにつかれているので、私も「駐在に行った」だけで終わることのないよう準備したいと、日々の業務にあたっています。

Schedule

09:30

出社・メールチェック

海外営業はほとんどテレワーク(※)なので、勤怠システムのワンクリックで出勤完了です。

フレックスタイムのため、出勤はその日によって可変的で、ブラジルとのミーティングの場合(時差12時間)は23時からということもあります。午前中は、前日に販社から届いたメールに対応します。

(※コロナ緊急事態宣言下の当社体制において)

11:00

海外営業部内ミーティング

各国の市場情報交換や新製品の出荷状況などを共有します。

12:00

お昼休憩

13:00

GDPRプロジェクトミーティング

全社プロジェクトであるGDPRチームのメンバーでもあるので、週例のミーティングへ参加。各販社や業務のITセキュリティに関する内容を共有し、各事案に対応します。ITに関する事案は、各国の法令をまたぐものも多いので、専門・技術的な事案は、外部コンサルタントとも協力します。

15:00

メールチェック・販社ミーティング

この時間から欧州各国のアクティブタイムになるので、リアルタイムで解決すべき事案や、ミーティングを行います。ミーティングは2時間ほどで、それぞれの状況アップデートや議論を行います。

19:00

退社

2022年2月1日時点の情報です。