• Topics
  • Company
  • Work
  • Member
  • Recruit
Topics
Topics06
Topics06
Topics06

グローバル規模で加速するSDGsの取り組み

グローバル規模で加速する
SDGsの取り組み

SDGs=Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)とは、 2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択され、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。当社では、基本理念に則り、海外生産拠点でSDGsの取り組み(目標9:インフラ、産業化、イノベーション、目標8:経済成長と雇用、目標4:教育など)を実施しています。

2011年に縫製工場、2018年に完成品工場を新設し、約600人の現地スタッフを採用。現地での雇用を生み出し、経済発展に寄与しています。施設内では安全安心な労働環境を提供し、勉強会の実施、ユニフォームの提供、食堂の整備など、さまざまな福利厚生に取り組んでいます。現在は、シルバニアファミリーの人形の洋服やハウスの生産を行っていますが、将来は他製品の生産を行っていくための用地を確保し、さらなる雇用拡大へと繋げる予定です。

加えて、当社では原材料の再利用や梱包材の削減活動を行うことで、資源の有効活用、生産コスト低減の施策に力を入れています。これからも世界各地の安全基準を研究し、SDGsの取り組みとともに、安全で高品質、高付加価値の商品を世界中に提供していきます。

Member's Comment

社員の声

S.S.
ラオス生産工場

ラオスには、先進的な管理方法でモノを作る工場がまだまだ少ないという現状があります。また、外資系の工場の多くはラオス以外の国から管理スタッフが駐在し、生産管理を行っています。エポックトイスラオでは、ラオスの現地スタッフの育成に力を入れており、工場の管理部門のスタッフもラオス人が担っています。若いラオス人スタッフが私たちの工場で学び成長し、仕事に責任とやりがいを持つ。そんな優秀な若者が多く育っています。

ラオスには、先進的な管理方法でモノを作る工場がまだまだ少ないという現状があります。また、外資系の工場の多くはラオス以外の国から管理スタッフが駐在し、生産管理を行っています。エポックトイスラオでは、ラオスの現地スタッフの育成に力を入れており、工場の管理部門のスタッフもラオス人が担っています。若いラオス人スタッフが私たちの工場で学び成長し、仕事に責任とやりがいを持つ。そんな優秀な若者が多く育っています。

L.P.
ラオス生産工場

国際的な企業であるエポックグループで働くことができて非常にうれしく思います。工場は新しく学べることが非常に多く、毎日ワクワクしながら働いています。この工場には従業員の意見や提案を受け入れる素晴らしい社風があり、自分の能力を十分に発揮できるチャンスがあります。まだまだ課題が多いですが、今までたくさん困難を乗り越えて来た時と同じように、将来どんなことがあっても必ず乗り越えられると思います。近い将来、この工場はラオス国内で一番大きな工場になれると信じています。

国際的な企業であるエポックグループで働くことができて非常にうれしく思います。工場は新しく学べることが非常に多く、毎日ワクワクしながら働いています。この工場には従業員の意見や提案を受け入れる素晴らしい社風があり、自分の能力を十分に発揮できるチャンスがあります。まだまだ課題が多いですが、今までたくさん困難を乗り越えて来た時と同じように、将来どんなことがあっても必ず乗り越えられると思います。近い将来、この工場はラオス国内で一番大きな工場になれると信じています。

2022年2月1日時点の情報です。