社員紹介

立山 広貴

立山 広貴Hiroki Tateyama

  • 第二グローバル営業本部 アジア営業室
  • 2017年入社
  • 漢語学部 卒業

現在の担当業務

中国にある自社販社の営業担当です。
販社への安定した商品供給、現地での商品展開プランや販売戦略を販社と相談して決定しています。

入社後のキャリア

  • 2017
  • 国内営業部
  • 大手量販店営業アシスタント
  • 20184~現在
  • 中国販社担当

Q&A

Q.仕事選びの軸は何でしたか?

自分の特徴である中国語を生かせる仕事かどうかを重要視していました。また、自社で商品を生産し販売できる会社であることも軸の1つでした。

Q.入社の決め手になったことは何ですか?

自分の強みである中国語を活かして仕事ができる点です。また、若い時期から海外で活躍できると感じたことも入社を決めた理由です。

Q.入社後に直面した最も困難だった試練はどんなことですか?

中国語や英語を使用してのコミュニケーションです。
ビジネスシーンでの外国語使用は苦手だったので、現地社員の力を借りながら少しずつ習得していきました。
営業面では、提案を中国販社や取引先に受けて入れてもらえるようになるまで、苦労しました。上司や先輩のアドバイスを受け、徐々に提案能力を向上させることができました。

Q.仕事の中で感動したことはどんなことですか?

自分の作成した提案が中国販社や取引先に受け入れられた時です。提案した商品やプロモーションにより売上がアップした時は嬉しかったです。

Q.入社前後のギャップを教えてください。

若い内から海外の販社や取引先と仕事ができるのだと思っていましたが、入社2年目から自社販社を担当するなど、海外と関わるまでのスピードが想像以上に速かったです。
上司や他部署への提案もしやすい雰囲気なので、自発的な提案を行えています。

Q.今後、挑戦したいことは何ですか?

中国だけでなく世界各国で、より多くの人々にエポック社商品を楽しんでもらえるように世界中へ商品展開をしていきたいです。

1日のスケジュール

  • 10:00
  • 出社・メールチェック
    出荷状況の確認
  • 出荷するべき商品に遅れがないか、必要なタイミングで出荷できるかなど、在庫管理部門や出荷担当者と確認作業を行います。
  • 11:00
  • 中国販社からのオーダー対応
  • 販社から受け取るオーダーをもとに出荷担当者や工場側と納期の確認を行います。急ぎで必要な商品が発生した場合、工場側と直接交渉を行い、最善の方法が取れるように協力を依頼します。
  • 12:00
  • お昼休憩
  • 13:00
  • 開発部門との打ち合わせ
  • 商品導入に際して、商品サンプル準備や導入スケジュールの確認を行います。
  • 14:00
  • 売上進捗と在庫状況の確認
  • 売上や在庫状況を一つ一つ、商品ごとに確認します。適切な在庫バランスを見て、今後の商品供給プランなど計画します。
  • 15:00
  • 中国販社と売上向上や商品導入に向けた打ち合わせ
  • 現状の売上や在庫状況に基づいて、今後の商品導入スケジュールを相談します。また、商談で必要な新製品のサンプル日程などを共有し、現地での営業活動が滞りなく行えるようにサポートします。
  • 16:00
  • 販促サポート
  • 現地でのイベントやプロモーション実施のために必要なサンプルや部材を関係部署と連動し、手配を行います。
  • 17:00
  • 部内での進捗確認
  • 中国販社や開発部門との打ち合わせを踏まえて、今後の営業プランを部内で共有、相談します。問題がある場合、上司に詳細を説明し、解決案のアドバイスを伺います。
  • 18:30
  • 退社