豆知識

シルバニアファミリーの豆知識

おふろセットは本物の陶器でできている?

1985年のシリーズ発売当初から現在に至るまで、細部にまでこだわった精巧なつくりがシルバニアファミリーの特長の一つです。30年以上の歴史の中で数々の商品が販売されましたが、初代おふろセットはなんと本物の陶器でできていました。現在は安全面を考慮して陶器は使用していませんが、試行錯誤を重ねて一目見ただけではプラスチック製だと気づかないほどの品質を実現しています。
子どもたちが楽しく遊ぶために安全であることは不可欠ですが、妥協することなく上品質な商品を提供し続けることは、ブランドの価値を高めるうえでも大切です。

豆知識ポイント 本物の陶器
1985年発売
初代おふろセット

※現在は製造しておりません。初代おふろセット

現在のおふろセット

初代おふろセット

アクアビーズの豆知識

アクアビーズ開発のきっかけになったのは、溶けてくっついたあめ玉だった?

アクアビーズは、溶けてくっついたあめ玉を見た開発者が、うさぎの耳のかたちに似ていると思ったことがきっかけで開発されました。開発当時はおもちゃの素材として認知されていなかった「水に溶けるプラスチック(PVA)」を応用し、2004年にシリーズとして商品化に至りました。全く新しい発想で作られたアクアビーズは、日本のみならず世界中で親しまれるまでに成長しています。
おもちゃを開発するためのヒントは、普段の生活の中にも意外と転がっているのかもしれませんね。

豆知識ポイント 溶けてくっついたあめ玉 豆知識ポイント 溶けてくっついたあめ玉

野球盤の豆知識

初代野球盤は職人の手作りだった?

1958年に誕生した野球盤は60年以上続くロングセラー商品となりましたが、元々は職人さんが手作りしていました。野球のフィールドを表現した盤面は家具職人さんが、野球選手の人形はこけし職人さんが、木材を加工して一つ一つ丁寧に手作りしていたそうです。今では盤面・人形どちらもプラスチック製に変わり、盤面上をころころ転がっていたボールは、ピッチングもバッティングも宙を舞うように進化しました。 現代のお父さん・おじいちゃん世代が子どもの頃に夢中になった野球盤は、いつの時代も世代を越えて親しまれています。さらに60年後の未来では、どんな進化を遂げているのか想像するとわくわくしますね。

豆知識ポイント 初代野球盤は職人の手作りだった?
初代野球盤の人形

初代野球盤

1958年発売 初代野球盤

初代野球盤