特集(職種紹介)

海外営業 おもちゃを広める仕事

海外営業おもちゃを広める仕事

エポックグループ内でつくられた商品は、営業担当者によって世界中の子どもたちへ届けられます。
「おもちゃを広める仕事」のうち、海外営業を取り上げて紹介します。

  海外営業の流れとエポック社のグローバルビジネス 売り上げマップ

グローバルビジネスを支える3つのポイント

  • 自社販売
  • 世界の主要マーケットにはエポックグループの自社販社を設立し、東京本社が作る方針、世界共通戦略を基に各国の状況に合わせた戦術を実行しています。
    自社販社があることで、中長期的な目線で戦略を練ることができます。
  • 商品の安定供給
  • 東京本社で企画・開発した商品は、中国・ラオスにある自社工場で量産されます。
    流行に左右されにくい普遍的な商品を世界共通で扱うことで、大量生産によるコストダウンと安定的な供給を可能にし、グループ全体の利益につながっています。
  • グローバル人材
  • 早ければ入社2年目から海外営業を担当することで、若いうちにグローバルビジネスに触れ、将来はエポックグループの中心となる人材の育成を目指しています。
    任される業務は大きいですが、その分仕事のやりがいと自身の成長につながります。

海外営業の種類

  • ディストリビューター担当担当年次の目安:入社2年目以降
  • 主な役割:
  • 外部の販売代理店(ディストリビューター)に対して発注を促し、セールスマーケティングのサポートを行う。新規開拓営業を行うマーケットもある。
  • 主な担当国・地域:
  • 韓国、オセアニア、中東、台湾、香港 など
  • 出張の頻度:
  • 2か月に1回(目安)
  • 英語の使用:
  • メール、出張時の商談 など
  • 自社販売担当担当年次の目安:入社3年目以降
  • 主な役割:
  • 東京本社と自社販社の架け橋として、コミュニケーションを密に取り、セールス分析やマーケティングのサポートならびに、自社販社の経営をサポートする。
  • 主な担当国・地域:
  • 北米、中国、イギリス、ドイツ、フランス、ブラジル、スペイン、ロシア、シンガポール、マレーシア、インドネシア など
  • 出張の頻度:
  • 2か月に1回(目安)
  • 英語の使用:
  • メール、出張時の商談 など

※担当販社によっては、ドイツ語・ポルトガル語・フランス語など英語以外の言語を活用する場合もあります。

  • 販売駐在員担当年次の目安:入社4年目以降
  • 主な役割:
  • 自社販社の一員として現地リテーラー等の顧客との商談に参加し、販路拡大・利益の確保を目指す。また、現地市場のトレンドを本社へレポートする。
  • 駐在国一覧:
  • アメリカ合衆国、中国、イギリス、ドイツ、フランス、ブラジル、シンガポール(2019年2月1日時点)
  • 駐在年数:
  • 3〜5年(目安)
  • 英語の使用:
  • 現地スタッフとの会話、現地小売店との商談、メール など

※駐在国によっては、ポルトガル語・ドイツ語・フランス語など英語以外の言語を活用する場合もあります。

活躍している社員の特長

活躍している社員の特長

海外営業に配属される社員には、元々語学が得意な人が多いですが、まずは入社1年目は国内の店舗営業として営業の基礎を学んでいます。外国語が話せるというだけでなく、エンドユーザーに近い店舗営業を通しておもちゃ業界全体や当社の方針について理解を深め、その後のキャリアに活かしてもらいます。
海外営業として活躍している社員に共通しているのは、元々持っていたスキルと入社後の営業経験をうまくミックスしながら担当業務に活かしているという点です。