企業情報

エポック社のグローバルビジネス

エポック社のおもちゃは、日本のみならず世界およそ60の国と地域に広がっています。
世代を越えて長く親しまれるエバーグリーン商品をもっと多くの子どもたちに届けるために、
エポックグループ一丸となって、商品の企画開発からグローバル展開まで一貫して担っています。

エポック社のグローバルビジネス 売り上げマップ

エポックグループ販社一覧

  • EPOCH everlasting play(アメリカ合衆国)EPOCH everlasting play(アメリカ合衆国)
  • EPOCH making toys(イギリス)EPOCH making toys(イギリス)
  • EPOCH d’enfance(フランス)EPOCH d’enfance(フランス)
  • EPOCH Traumwiesen(ドイツ)EPOCH Traumwiesen(ドイツ)
  • EPOCH Magia(ブラジル)EPOCH Magia(ブラジル)
  • EPOCH Blooming Toys(シンガポール、マレーシア、インドネシア)EPOCH Blooming Toys
     (シンガポール、マレーシア、インドネシア)
  • EPOCH para imaginar(スペイン)EPOCH para imaginar(スペイン)
  • EPOCH of wonders(ロシア)EPOCH of wonders(ロシア)
  • 壹宝玩具有限公司(中国)

我が社の使命

子供に夢と感動大人に遊び心を

私たちエポック社は、玩具産業には2つの役割があると考えています。
第一に、次世代を担う子供たちに伝えるべきことを伝えていくという役割です。
人間として普遍のテーマ「自然」「家族」「愛」をテーマに持つおもちゃを提供することで、
人に対する思いやりや優しさを、おもちゃ遊びを通じて子どもたちの心の中に育てていきたいと考えます。
第二に、今は、大人もシニアも人生をエンジョイする時代です。
あらゆる世代に、エンターテインメントと心のやすらぎを提供する役割を我々は担っていると考えます。
これら2つの役割を果たしつつ、新しい消費者の、新しい要求に応えることこそ、当社の使命であると考えます。

基本理念

我が社を貫く基本理念はエポックメイキングである

会社概要

本社所在地 〒111-8618
東京都台東区駒形2-2-2
設立 1958(昭和33)年5月6日
資本金 3億8,000万円
従業員 269名(男性140名、女性129名)
売上高 197億円(2017年3月20日)
代表者 代表取締役社長 前田 道裕
事業所 東京本社 / 東京都台東区駒形2-2-2
大阪営業所 / 大阪府大阪市中央区安堂寺町2-4-15 スギコビル2F
流通センター / 茨城県土浦市藤沢3647-5
海外拠点 【海外関連会社】
アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・オランダ・スペイン・ロシア・香港・中国・ブラジル・シンガポール etc.
【生産拠点】
中国(広東省、江西省)、ラオス(Viang chan)