ホーム > 歴史資料館トップ > 1980年代の野球盤
歴史資料館
1950 1960 1970 1980 1990 2000 2010 その他の野球盤
1980年代の野球盤
ジャイアンツ野球盤C型
1982年 \2,950(当時価格)
※生産は終了しています
この野球盤から、C型にもオートカウント装置と盗塁装置がつくようになる。
このC型にも選手イラストが描かれているが、相手チームの色は赤色である。
パーフェクト野球盤A型
1982年 \5,450(当時価格)
※生産は終了しています
オートランナー装置、スピードガン装置他9大メカ搭載の野球盤。
[ 9大メカ]
スピードガン、オートランナー、盗塁、オートカウント、連続投球、消える魔球、ワンタッチヒッティング、スイッチヒッター、変化球
巨人軍原選手のパーフェクト野球盤B型
1982年 \3,950(当時価格)
※生産は終了しています
80年代のメインであったパーフェクト系唯一のライセンス商品。
A型と同様に人工芝で、8年もの長期にわたり野球盤レギュラーの座を勝ち取った商品である。後にパッケージに選手本人の写真が載ることになる。
パーフェクト野球盤C型
1984年 \2,800(当時価格)
※生産は終了しています
A型、B型に続き、この年パーフェクト系にC型が登場。
パッケージはA型に類似、盤の色は今までのC型と踏襲している。パーフェクト系の野球盤は、C型のみ盤面に選手イラストが描かれている。
ビッグエッグ野球盤
1988年 \9,980(当時価格)
※生産は終了しています
初の電動野球盤。東京ドーム球場をモデルとした初の球場ライセンス商品。
フルオート式&電動式であるのでピッチングはオートとマニュアルの
2種類がある。 ランナーは電光式。
(株)エポック社創立30周年の集大成ともいえる野球盤。

®KORAKUEN
ビッグエッグ野球盤Jr.
1988年 \1,200(当時価格)
※生産は終了しています
ビッグエッグ野球盤と同時発売。
野球盤としてはめずらしくサッカーゲームも楽しめる盤になっている。
5大メカ搭載。

®KORAKUEN
ビッグエッグ野球盤カスタム
1989年 \5,980(当時価格)
※生産は終了しています
量産型のビッグエッグ野球盤。外観は88年式とほぼ同じ。
電池不要のビッグエッグ野球盤。スーパー10大メカ搭載。

®KORAKUEN
ページのトップへ