2016年1月18日
株式会社 エポック社



アクアビーズの類似品にご注意ください


最近、「アクアビーズ」の形状、機能に酷似した類似商品が一部オンラインショップ等で販売されております。

パッケージは異なりますが、ビーズでは見分けがつきにくいため、一部のお客様にご迷惑をお掛けしております。

これらの類似品は、製造工場、材料組成、調達先も異なる、全く別の製品であり、「アクアビーズ」ではございませんのでご注意ください。

また、「アクアビーズ」「Aqua beads」等の商標権侵害品や、「アクアビーズ対応」等の表記がある類似品に関しましても、弊社では品質保証致しかねますので、ご注意頂きますようお願い申し上げます。


弊社の「アクアビーズ」は、その安全性については、公的検査機関により、重金属試験を始めとした規定の検査を受け、日本玩具安全基準(ST基準)、欧州玩具安全基準(EN71)、米国試験材料協会規格(ASTM F-963)、米国消費者製品安全性改善法(CPSIA)等各国基準に適合しておりますが、あくまでも「アクアビーズシリーズ商品」単独使用におけるものですので、他社類似品等との混同使用時には、上記検査等に基づく品質保証は対象外となりますのでご注意ください。


パッケージの「株式会社エポック社」の表記をご確認の上、ご購入くださいますようお願い申し上げます。







2007年11月
株式会社 エポック社



『アクアビーズ』の類似品につきまして


一部報道機関にて、オーストラリアのムース・エンタプライズ社が香港で製造したビーズ玩具「Bindeez」(ビンディーズ)、およびカナダのスピン・マスター社が販売した「AQUADOTS」(アクアドッツ)が自主回収されていると報じられていますが、弊社の『アクアビーズアート』とは、製造工場、材料組成・調達先も異なる、全く別の製品でございます。

この「Bindeez」および「AQUA DOTS」は、弊社の『アクアビーズアート』が発売された後に、 ムース社が模倣し海外で販売しているものです(国により品名がかわる)。


報道によりますと、違法な薬物GHBに似た働きをする化学物質が検出され回収に至ったとの事ですが、弊社の『アクアビーズアート』とは製造工場、材料組成・調達先が異なり、弊社製品では問題となるような物質は一切使用しておらず、その安全性については以下の通り確認しております。


弊社の『アクアビーズアート』は、公的検査機関により、重金属試験を始めとした規定の検査を受け、日本玩具安全基準(ST)、欧州玩具安全基準(EN71)に適合しております。

さらに弊社では上記規定検査に加え、皮膚一次刺激性試験やEN71第9部による溶剤検査も自主的に行い、その安全性を幾重にも確認しております。


更に、『アクアビーズアート』の原材料・PVAは、医薬品添加物規定にも収録され、医薬品錠剤のコーティングや切手の裏の糊などに使用されている、安全性が確認された材料です。材料は日本メーカー製で、安全性を確認した上で当社工場へ供給されています。


従いまして、今後とも安心してお楽しみ戴きますようお願い申し上げます。