新入社員の声

2016年度新入社員へインタビュー

2016年度入社社員

エポック社を志望したきっかけは?
日本のものを世界に広めていく仕事を探していたので、海外展開をしているメーカーを志望していました。就活を始めたばかりのころはエポック社がグローバル展開を積極的に進めていることを知らなかったのですが、就活サイトの情報やエポック社のホームページから海外に大きく進出していることを知り、説明会に参加しました。選考の雰囲気が良かったこともありますし、またエポック社は売上の半分を海外が占めており、1年目から海外出張があることから責任感をもって仕事のできる会社だと感じて志望しました。自分の経験を活かしながらやりたいことのできる会社だと入社してからも実感しており、この会社に決めてよかったなと思います。

荻野雄太郎 / 上智大学 経済学部 卒業

説明会や面接など、選考の雰囲気はどうでしたか?
説明会・面接ともにとても穏やかな雰囲気でした。面接前に人事の方が気さくに話しかけてきてくれて、緊張がほぐれ自然体で面接することができました。選考を通して私服で良かったということもあって、穏やかで自由な社風を感じ、選考が進むにつれて「この会社で働きたい」という気持ちがますます強くなっていきました。
一番印象的だったのは、面接で「新入社員に期待することはなんですか?」と質問した時に、「初めはうまくいかないのが当たり前なのだから、とにかく思い切りチャレンジすることだね」と穏やかに答えていただいたことです。そのとき、この会社で様々なことに挑戦して働きたいという気持ちがとても強くなりました。

齋藤美穂 / 九州大学 芸術工学部 卒業

学生時代はどんなことに取り組んでいましたか?
学生のときは、学部での勉強ももちろんですが、学外の活動にもかなり力を入れていました。
私の専攻はビジュアルコミュニケーション(視覚芸術)といって、デザインやモノづくりをする学部でしたが、学外で様々な業種、年齢の方と関って創作活動をすることで自分の視野が広がり、将来について考える良い材料になりました。
同期の人たちも、専攻は経済だったりマーケティングだったり様々ですが、同じように学外で多様な経験をしてきた人が多いです。いろいろなことを経験することは自分の幅を広げ、良い商品を生み出したりすることにもつながると思います。いま大学に通っている人にも、いろいろな経験をすることをおすすめします。

石井英里子 / 九州大学 芸術工学部 卒業

入社して1か月、社内の雰囲気はどうですか?
入社前と入社後の雰囲気は特に違いはなく、前向きに仕事に取り組める会社だなというのが印象です。選考段階でも温かい社風を感じていましたが、入社後も先輩社員たちが丁寧に仕事を教えてくれるため、楽しく出社できています。
先輩方はもちろん話しやすい方が多いのですが、それ以上に感じることは、自分と1年しか違わないのに非常に責任の大きい仕事をされている方ばかりだということです。入社1年目のときから重要な店舗の営業を任されていたり、2年目のときから海外駐在をされていたり。大変な仕事をこなしながらも、後輩への気配りを忘れない頼れる先輩たちだと感じています。自分も同期の人たちと助け合いながら、成長していきたいと思います。

熊代耕平 / 専修大学 国際経済学部 卒業

「これからどんな仕事をしていきたいですか?
海外での仕事に関わるチャンスはあると感じますか?」
入社式で今年の事業方針を聞きましたが、これまで様々な国への展開を進め売り上げも順調に伸びてきて、ここからがグローバル展開の本番!という雰囲気が伝わってきました。僕は海外で働くチャンスのある企業を中心に就活をしていましたが、比較的少数精鋭のエポック社であれば、ひとりひとりが海外事業に関わるチャンスも多いと感じています。入社式会場にも海外グループからたくさんの方が来ていて実際にお話する機会もありましたし、若いうちから海外での仕事がある会社なのだと実感できました。
入社してから配属になった営業部でも、日本の営業だけでなく韓国や台湾などアジア圏の営業に関わるチャンスがあるので、積極的に挑戦して経験を積みたいと思います。

安富海 / 立命館大学 政策科学部 卒業

本サイトに記載されている全ての内容は、2016年10月1日現在の情報に基づいています(ただし、募集要項の一部を除く)。

Pagetop