LASSEN

クリスチャン・リース・ラッセン近影
Christian Riese Lassen

クリスチャン・リース・ラッセン

1956年、カリフォルニア生まれ。
11歳の時にハワイ諸島マウイ島へ移り住んだ彼は、サーフィンを通して母なる海の美しさと偉大さに魅了されていく。

生まれ持ったアートの才能を生かして描く、マウイの自然をモチーフとした作品は地元ハワイだけではなく世界中から注目される。

また、彼が設立したシービジョン財団を通して、作品の収益金の一部を地球環境保護に役立てている。

ページトップに戻る