エポック社沿革
2010
  エポック社の歴史
 
2007.06 シルバニアファミリーDVD発売。

2006.11 資本金3億8千万円となる。

2006.09 家庭のテレビにつなげる本格的ダーツマシン「TV−DARTS」がギフトショーの新製品コンテスト準大賞を受賞。

2006.02 光るバッジアクセサリー「Twinky」がドラッグストアショーにおいて特別賞を受賞。

2005.09 組み立てトイホビー「デルタックス」がギフトショーのコレクションメイキングホビー部門大賞を受賞。

2005.02 水でくっつく不思議なビーズ「アクアビーズアート」がギフトショーのコレクションメイキングホビー部門準大賞を受賞。

2004.07 シルバニアファミリーのテーマパーク「シルバニアビレッジ」を
富士急行様との提携により、フジヤマリゾートの遊園地“ぐりんぱ”内にオープン。

2004.07 シルバニアファミリー20周年記念ミュージカルを全国で開催。

2004.06 トレーディングカードの自販機「カードガチャ」を発売。

2003.08 子供向けパソコン「テレビパソコン」発売。

2002.03 カプセル自販機「ECCHO500」発売。

2001.10 シルバニアショップ「森のマーケット」を市川に開設。

2001.09 EPOCH WORLDWIDE,INC.(米)設立。

2001.07 東京都台東区駒形2−2−2の現在地に本社移転。

2001.04 執行役員制を導入。

2001.03 札幌、仙台、名古屋、福岡の営業所を東京、大阪の2拠点に集約。

2000.08 株式会社エポックロジスティクス設立。

2000.06 セントラルホビー(株)のジクソーパズル事業を譲り受、ジクソーパズル事業部を強化。

2000.03 資本金3億6千8百万円。

2000.03 体感ゲームシリーズ「エキサイトスタジアム」発売。

1999.07 シルバニアのテーマレストラン「森のキッチン」を吉祥寺に開設。

1999.02 社内カンパニー制と部門別>損益計算による表彰制度を導入。

1998.12 ハノイ市(ベトナム)にEpoch Vietnam Co.,Ltd.設立。

1998.02 故前田竹虎会長が日本玩具協会より最高功労栄誉賞を受賞。

1997.11 創業者前田竹虎会長が逝去。

1996.03 茨城県新治郡に建坪4,576坪のエポック社流通センター完成。

1995.06 前田竹虎が会長に、前田道裕が社長就任。

1994.10 エポック社従業員持株制度発足。

1994.10 株式会社ミント設立。

1994.04 前田竹虎が春の叙勲で中小企業振興の功績により、勲五等瑞宝章を受章。

1994.02 株式会社エポック工業を合併、仕入生産部となる。資本金2億6千8百万円。

1992.02 栃木物流センター完成。

1991.09 株式会社ボンを合併、ボン事業部となる。資本金2億6千万円。

1991.06 前田竹虎が社長就任。

1991.03 バーコードバトラー発売。

1987.03 株式会社日本レーシングシステムズ設立。

1986.03 有限会社文化用品特許情報センター設立。

1985.03 浮洲博が社長就任。

1985.03 シルバニアファミリー発売。

1984.03 株式会社アルゴス(旧A&Eトレイディング)設立。

1983.06 前田竹虎が会長に、松本光男が社長就任。

1983.05 株式会社ボン(旧ボンパズル)設立。

1982.08 株式会社ピコ設立。

1982.03 資本金2億5千万円に増資、株主245名となる。

1981.07 国産ソフトを搭載したカートリッジ交換式ゲーム機、「カセットビジョン」発売。

1978.06 資本金2億円に増資、株主217名となる。

1977.02 株式会社ヤングエポック設立。

1975.09 マグナボックス社と技術提携、国産第1号のテレビゲーム機、「テレビテニス」発売。

1975.05 資本金199,425千円に増資、株主191名となる。

1975.04 東京中小企業投資育成(株)引受社債を株式に転換、資本金171,425千円となる。

1974.09 輸出玩具工業団地内に壬生倉庫完成。

1974.03 草加にエポック配送センター完成、入出荷の一元化成る。

1973.01 札幌営業所を開設する。

1972.10 日本玩具国際見本市おもちゃコンクールにて、パーフェクトボウリングカスタムほか3点、ダイヤモンド賞を受賞。

1972.05 資本金7,000万円に増資、株主165名となる。名古屋営業所、福岡営業所を開設する。

1971.07 東京中小企業投資育成(株)より転換社債3,300万円を導入。

1970.04 資本金5,000万円に増資、株主138名となる。Epoch(H.K.)Co.,Ltd.(永福有限公司)設立。

1970.02 西ドイツ「ニュルンベルグ玩具見本市」出品、以降毎年参加。

1969.11 配送部門を独立させ、有限会社エポックサービスを設立。

1969.06 大阪営業所を新開設する。

1969.05 第一期子供重役会発足(外国人の子供も加え15名)しマスコミで話題を呼ぶ。

1968.10 本社6階建社屋完成し、新事務所にて営業を開始する。

1968.04 資本金の倍額増資を行い2,800万円、株主数116名となる。

1968.03 株式会社エポック工業を壬生おもちゃのまちに設立。

1965.10 サッカーゲーム、リモコンヘリコプター発売。

1964.03 倍額増資、資本金1,400万円、株主66名となる。

1963.12 東京都台東区駒形1−12−3の現在地に移転する。

1962.10 第一回日本玩具国際見本市に出品、以降毎年参加。

1960.09 巨人軍長嶋茂雄氏とCM契約。初めてテレビによる宣伝を実施する。資本金700万円に増資、株主39名となる。

1959.04 社屋を増築、資本金250万円に増資する。

1958.05 前田竹虎他3名により、東京都台東区菊屋橋1−4に資本金100万円をもって、株式会社エポック社を設立。
前田竹虎が社長に就任。ゲーム玩具の企画製造販売を始める。野球盤を発売。


Copyright 2010 EPOCH CO.,LTD. All Rights Reserved